旅のひとこま 7 > 225

Episode 225

 2015年の長崎港へは、至上最高となる100回を超えるクルーズ客船が入港した年となっています。
画像は、これまで日本に入港した客船の中では最も大きな船です。

全長が、348メートル、約17万トンの総トン数で、船客と乗組員を合わせると最大6,000人近い人が乗船します。

2014年11月に就航したばかりのクアンタム・オブ・ザ・シーズ (MS Quantum of the Seas)です。

今シーズンは上海発着に配船されているので、長崎へは7月から毎月複数回入港しています。

そんな、クルーズ客船で賑わう長崎港ですが、来年は更に入港する船が増えて、現時点で180回とも聞きました。

軍艦島や旧グラバー住宅などの世界遺産登録の影響もきっとあるんでしょうね。

来年は、大浦天主堂も世界遺産登録が期待されているし、何かと楽しみでもありますね。
2015年9月26日撮影