Home > Gallery > Season > 夏の風景


|夏|の|風|景|

ひと夏 2015


 この年の長崎は、本州と比べても圧倒的に猛暑日が少なく、凌ぎやすいとまでは言えませんが、灼熱の関東や関西に比べれば楽だったんだと思います。
猛暑日を記録したのは結局1日だけだったのではないでしょうか。
そんな2015年のひと夏、散歩時に撮影したスナップを集めてみました。少しでも涼しくて快適な場所を求めると、どうしても海岸の散歩がメインになりますね。


Location:
長崎県 長与町、長崎市、諫早市
Date:
2015/06/03〜08/27
Photo:
Canon EOS 40D、Canon EOS M、OLYMPUS XZ-1、iPhone 5c

夏色スナップ


 断片的に2013年のひと夏をメインにスナップを集めてみました。
梅雨入りから梅雨明け後に至るまでの撮影画像です。夕方の散歩時に撮影した夕焼け空など、iPhone 4S での HDR 撮影画像も複数使用しています。


Location:
長崎県 長与町、長崎市、熊本県 他
Date:
2013/06/07〜08/26 他
Photo:
Canon EOS 40D、OLYMPUS XZ-1、iPhone 4S

梅雨入りの日


 昨年よりは、ずいぶん遅いと聞きましたが、平均的な梅雨入りではないでしょうか。
ちょうど、九州北部地方が梅雨入りとなった日に出かけた長崎市内の中島川公園です。
午前中まで降ってた雨が上がったばかりで、紫陽花を観たり、撮影するにはとてもいい条件でした。


Location:
長崎市 中島川公園
Date:
2012/06/08
Photo:
OLYMPUS XZ-1

6:46 pm


 比較的最近になって長崎市に編入された地域ですが、それでも市の中心域を大きく外れたところにある夕陽が美しい撮影スポット。
急坂さえ多くなければ、自転車で廻るのにとても気持ち良さそうなルートです。
半島東側にある閉ざされた湾との比較でしょうか? 外海(そとめ)という地域名(旧町村名)が懐かしくもあります。
近いうちに半島を一周したいですね。もちろん自転車で。
無理かな・・・


Location:
長崎市 外海町
Date:
2011/08/28
Photo:
Canon EOS 40D、iPhone 4

菊池渓谷 / 奥球磨の夏


 ようやく梅雨明けが宣言されたのは、立秋間近の頃となりました。
例年よりも2週間以上遅くやって来た夏です。
そんな梅雨明けと同時に出かけた渓流や、球磨川の源流がある小さな村。
本来一番に期待していた鮎の塩焼きは、ほぼ口にすることはできませんでしたが、信じられないくらいの涼しい自然環境の中で過ごす事ができました。


Location:
熊本県 菊池渓谷、水上村 他
Date:
2009/08/07〜08/08
Photo:
RICOH R8、Canon EOS 10D、iPhone 3G

真夏のソリチュード


 相変わらず猛暑日が続いています。
年間を通して訪れている場所ですが、こんなにも人が少ない日に遭遇したのは初めてかも知れません。ちょっと孤独になるくらいの園内です。
暴力的な日射しと36℃を超える猛暑が相手では無理もない事ですね。
アスファルトとコンクリートの市街地と比べると、木々や水辺もあり、幾分かは凌ぎやすいかとも思えますが、それでも暑すぎる京の夏です。


Location:
京都市 京都府立植物園 他
Date:
2008/08/03 他
Photo:
RICOH R8

なんでもない8月の風景


 今年の梅雨明けは、例年に比べ、やや遅れ気味のようです。
ところが、梅雨が空けてからの、特にお盆前後に続いた暑さは、日本各地で数十年振りに記録を塗り替えるといった猛暑となりました。
そんな2007年夏 8月の、なんでもない風景をいくつか切り取ってみました。


Location:
京都市、向日市、長崎市 他
Date:
2007/08/07〜08/25
Photo:
CONTAX i4R、Nikon COOLPIX 990

真夏の風景


 近畿地方の梅雨明けが一体いつだったのかはっきりしないままですが、連日雨のない猛暑の日が続いています。
なかなか外出したくない午后。
ただ、真夏の時間はさほど長くもない事を、毎年夏の終わりに実感している為、少々無理をして出かける事にしました。
少しだけでも真夏の瞬間を切り取るために...。


Location:
京都市 京都府立植物園
Date:
2007/07/29
Photo:
Nikon COOLPIX 990


 休日には珍しく、いつもより早い時間に目が覚めました。
天気は、すっきりと晴れた空。せっかくだし、少し遠出をとクルマで走り出す。
ちょうど一年前位にも訪れた若狭を目指して。
日本海側の天気は、どんよりとしていてすぐれませんが、湿度があり重い空気の雰囲気もそれなりに悪くありません。
「ゴーッ」と地の底から沸き上がるような波音。実はこの波音を聞くのも楽しみでした。
海辺には「ハマヒルガオ」が咲いています。鈍い色の梅雨空が、淡い色合いの花を引き立てていました。


Location:
福井県 美浜町、小浜市、高浜町
Date:
2007/06/16、07/07
Photo:
Canon EOS 10D、Nikon COOLPIX 990

Colors - 6月の花壇にて -


 ちょうど昨年の今頃もこの場所に来ていました。
西洋花壇の薔薇の撮影がメインでしたが、今回は足元にあり、急ぎ足だと、つい見逃してしまいそうな小さな花を撮る事にしました。
辺りでは、スイートピーや薔薇、ポピーなどの鮮やかな色が目を引きますが、小さな花たち、なかなか可憐で魅力的です。
こうして、またもマクロレンズへの想いがより一層深まる事となってしまいました。


Location:
京都市 京都府立植物園、長崎市 長崎バイオパーク
Date:
2006/06/10、06/25
Photo:
CONTAX i4R

海辺にて - Sea of quiet summer -


 この日は、国道をひたすら西へと走る予定でした。
幹線道路を外れて県境のタイトな峠道を抜けた時、突然海が見たくなりました。
眩しい太陽と青空に映える夏の海....。
交差する国道で予定とは反対方面へと向かい、更に2時間程走って辿り着いた懐かしい半島。
広い砂浜は既に賑わいを見せており、真夏らしいシーンが見られましたが、あえて静かな夏の海に目を向けてみました。


Location:
京都府 伊根町、京丹後市 他
Date:
2005/07/18
Photo:
CONTAX i4R、Nikon COOLPIX 990

雨の第二埠頭


 朝から雨が降り続いている休日。何処へ行く訳でもなくクルマを走らせました。
ふたつ峠を越えたところでR27へ進路を変更。この時点で目的地が決まりした。
「久しぶりに海を見に行こう!」 濡れたアスファルト道を、更に50キロ程走りたどり着いた港。
雨に煙った埠頭から見る海は、決して絶景とはいえませんが、海風を受けながらのひとときも、たまにはいいかも知れません。


Location:
京都府 舞鶴市
Date:
2005/07/03
Photo:
CONTAX i4R、Nikon COOLPIX 990

梅雨の中休み、湖畔にて


 既に3日間も真夏日が続いています。梅雨の中休みの日曜日、ふと水辺が見たくなり出かけた午後。
晴れているのにすっきりとしない空。湿度が高い事もありとても蒸し暑い。
湖畔沿いに点々と用意されたパーキング・エリアは何処も沢山のクルマで埋めつくされ、賑わっています。
もうひと月もすると、この湖岸道路も渋滞で動けなくなるでしょう。
鬱陶しくもありますが夏を感じるシーンとして何故か切り離せない気もします。


Location:
滋賀県 草津市、守山市 琵琶湖畔
Date:
2005/06/19
Photo:
Nikon COOLPIX 990

遠ざかってゆく夏


 8月も半ばを過ぎる頃、ほんの少しだけ凌ぎやすい日の夕方、なんだか空が優しく見えました。
外気に、日中とは明らかに違った涼しい風を感じます。これからは、こんな日が徐々に増えて来るのか...。
ほっとする反面、何かをやり残したかのような気持ちがよぎります。
TVから、台風接近を知らせるニュースが流れています。
記録的な猛暑の夏ですら、ほんの短いひとときに想えてしまうほどに、この頃、何故か時の流れが早いようです。


Location:
長崎県 平戸市、滋賀県 高島市 他
Date:
2003/08/25 他
Photo:
Canon EOS 10D、Nikon COOLPIX 990 他

通り雨のあとで


 なんとなく、向日葵の花が見たくなって、クルマで西へと向かいます。
山間の国道を数時間走った所にその場所はありました。
未舗装の臨時駐車場に到着と同時に突然、大粒の雨が落ちてきました。
幸い雨は、極短い時間で通り過ぎ、何事もなかったかのように、雲間から再び太陽が強烈な光を放ちます。
雨のシャワーを浴びたひまわりは、生き生きと輝いて見えました。


Location:
兵庫県 佐用町(南光)、京都府 亀岡市
Date:
1991〜1992年頃?、2005/08/07
Photo:
Canon EOS 650、Canon EOS 10D