Home > Gallery > Season > 冬の風景


|冬|の|風|景|

冬の公園散歩 2014-2015


 真冬とはいえ毎日の散歩を欠かす訳にはいきません。
冬の散歩は寒くて辛い反面、木々や日照時間の変化など、少しずつ春に近くなっていく様子を感じ取ることができて、個人的にはとても好きな季節でもあります。
時には、風もなく快晴の穏やかな日もあります。太陽の光をいっぱい浴びながらベンチで缶コーヒーを飲みながら過ごす休日の午後もまたいいものです。


Location:
長崎県 長与町、長崎市、西海市
Date:
2014/11/29〜2015/02/17
Photo:
iPhone 5c、OLYMPUS XZ-1、Canon EOS M、Canon EOS 40D

光の王国 〜 HTB イルミネーション 2013 〜


 昨年出かけた日と同様に、寒波の影響で気温が低いようでしたが、心配していた雨には無縁の天候に恵まれました。
うちから往復3時間程の走行ですが、今回もマロンを連れて出かけました。子守役の姪も一緒です。
昨年よりも更にスケールアップしたイルミネーションには圧倒されてしまいます。
今回三脚は使用せず、ミラーレスEOSと22mm単焦点レンズのみでの撮影です。高感度ノイズが比較的少ないモデルなので、予めISO3200を上限に設定して全て手持ちの撮影です。


Location:
長崎県 佐世保市 ハウステンボス町
Date:
2013/12/14
Photo:
Canon EOS M、iPhone 5c

ソメイヨシノが咲くまでに・・・


 年が明けて10日程が経過して咲き始めた紅梅。これまでの数年の間に体験してきた暖冬のシーズンと比べると10日程遅い開花ですが、果たして標準がどれくらいなのかは不明です。 紅梅の鮮やかな色は、地味な冬の風景に一際映えます。
まるで紅梅の開花が合図のように、ひとつ、またひとつと他の花も色を添えます。
やがて、2月中旬を過ぎた頃には、梅はいろんな花の色を加えて賑やかに咲き、少し気の早い品種の桜も咲き始めます。
あとは、春の公園の主役である木々の開花を待つばかりになりました。


Location:
長崎県 長与町 中尾城公園 他
Date:
2013/01/09、01/30、02/28 他
Photo:
Canon EOS 40D、OLYMPUS XZ-1、iPhone 4S

光の王国 〜 HTB イルミネーション 2012 〜


 ちょうど寒波に覆われていたようですが、それでも気温は四捨五入すると10℃という事で、そんなに大した事のない寒さのレベルです。
風さえなければ、夜であっても沢山着込むこともなく凌げるところはさすが九州地方です。
さて、すっかり冬の撮影の定番となったハウステンボスのイルミネーションですが、今回は、クリスマス前に2週に渡って出かけてみました。
2年前に訪れた時よりも、更にスケールアップしており、東洋一から世界一と云われる規模にまで成長しています。


Location:
長崎県 佐世保市 ハウステンボス町
Date:
2012/12/10、12/20
Photo:
OLYMPUS XZ-1

Snow Mark


 九州では滅多にない積雪でしたが、どういう訳かここ2〜3年はシーズンに1度は必ず降り積もっています。
辛いのは雪を連れて来る寒波です。日本海側を西から東へ移動する寒波の場合、ごく短期間ではあるものの、この地方も山陰地方並みに気温が下がります。
楽しみは、いろんな雪の撮影を試せる事や、雪の結晶を発見する事でしょうか。


Location:
長崎県 長与町
Date:
2012/02/02 他
Photo:
Canon EOS 40D

兆し (春の予感 Part 2)


 本来は寒さが厳しい季節なのですが、時々訪れる、まるで春を思わせるような暖かい日。
やや斜めから射す陽は、独特の柔らかな影を創ります。
澄みきった風景が、少しだけ琥珀色を帯びて見えるのも冬ならではの特徴といえます。
ようやく梅の花が開花し、寂しかった風景に鮮やかな色彩がちりばめられていく様子を綴ってみました。


Location:
長崎市、長崎県 長与町
Date:
2010/01/16 他
Photo:
RICOH R8、Canon EOS 10D

山へ、海へ


 ゆったりと走る「散歩」的なサイクリングの事を、ポタリングと呼びます。そんなゆったりした走行を連日楽しんだ12月でした。
昨年までと周囲の環境はすっかり変わりました。公園都市のようなフラットで広い道路と、多くの世界遺産に寄り道しながら走るのは飽きる事なく楽しいものでした。
ただ、複雑に入り組んだ海岸道路や、遠くが見渡せる山坂道も悪くはありません。辛い道を走り終えた時の達成感も中々のものです。
・・・
景観は最高ですが、四方八方に坂道が多過ぎるのが難点ではありますが....。


Location:
長崎県 長与町、諫早市 琴ノ尾岳、堂崎海岸
Date:
2008/12/07 他
Photo:
RICOH R8

椿 TSUBAKI


 冬の時期に撮影に出かける事は極稀で、天気のいい比較的暖かな日に、クルマを走らせながら風景を撮る事くらいがこれまでのスタイルでした。
昨年からでしょうか、結構頻繁に出歩いています。
今回も、決して暖かではない日でしたが、咲きはじめの椿と、冬木立を撮りたくて外へ出てみました。
椿にも随分と種類があり、花の姿や色合いもバリエーションが多彩な事を知りました。


Location:
京都市 京都府立植物園
Date:
2008/02/10 他
Photo:
Canon EOS 10D

法隆寺


 天気がいい穏やかな日は、少しでも日射しに触れていたい真冬の時期。
この日も特にあてのないままに南へと向かいました。
「気がつくと奈良を走っていた。」というと大げさかも知れないのですが、ほとんどそんな感じで到着した法隆寺でした。
訪れたのは、この日が初めてです。
週末にしては人影は少ないようで、どの場所もゆっくりと散策することができました。


Location:
奈良県 斑鳩町
Date:
2008/01/26
Photo:
Nikon COOLPIX 990

太陽がいっぱい


 移動性の高気圧に覆われ、おだやかな晴天となったこの日、夏以来となる湖の北西部へと来てみました。
辺りは、おそらく前日降ったばかりの雪に覆われ、青と白の風景が広がっています。
国道には雪はないので、このまま湖北を目指してみることに・・・。
意外な事に徐々に辺りから雪がなくなり、湖東北部では気温もふた桁に達していました。
絶え間なく日射しが降り注ぎ、更に風がないおかげだと思います。
2月という事を忘れそうな、まるで春のような湖岸でした。


Location:
滋賀県 高島市、湖北町、長浜市 琵琶湖畔
Date:
2007/02/04
Photo:
Canon EOS 10D

冬の海辺にて


 綿密に天気予報をチェックして決めていた週末。予報通りによく晴れ、暖かな日となりました。
随分と久しぶりになる伊勢方面でしたが、いくつもの国道をうまく迷う事なく走り繋いで4時間半、ようやく辿り着いた海岸です。
穏やかな日とはいえやはり真冬の海、人の姿はありません。
聴こえて来るのは打ち寄せる波と、吹きつける風の音、海鳥の声、時折通過する漁船の音・・・。
ただ、月日の経過は早く、あとひと月も経てば春の気配を色濃く感じる事ができるでしょう。


Location:
三重県 伊勢市 二見浦海岸
Date:
2007/01/27
Photo:
Canon EOS 10D

冬の植物園


 新しい年を迎えて、最初の月も半分を経過した日曜日。
西日本は高気圧に覆われて、まずまずの天気。先日新しく手に入れたレンズを持って植物園へと出かけてみました。
比較的穏やかとはいえ、やはり冬です。
咲く花はほとんど見かける事もなく、ひと影疎ら。降り注ぐ暖かな日射しがいつになくありがたく感じられました。
わずかの滞在でしたが、クルマに戻り帰る頃には、既に雲がオレンジ色に染まりかけていました。


Location:
京都市 京都府立植物園
Date:
2007/01/14
Photo:
Canon EOS 10D

湖東、穏やかな休日


 1月最後の日曜日。真冬の最中である事がとても信じられない「幻」のような暖かな日。
この日の気候は3月中旬並。こんないい日和は滅多にないでしょう。
心から「ありがとう」と、溢れる日射しを与えてくれたお日様にお礼を言いたい気持ちになります。
湖岸道路を走ったり、散策したりの一日でしたが、各パーキングエリアは予想を超える賑わいで、まるで行楽シーズンのような湖畔でした。


Location:
滋賀県 長浜市、守山市 他 琵琶湖畔
Date:
2006/01/29
Photo:
Canon EOS 10D

イルミネーション - 冬の華 -


 一年が終わりを迎えようとしている12月。
夜の街路樹を華やかに飾るイルミネーション。毎年この時季になると、撮影に出かけようと思いつつも、外の寒さに負けて断念してしまう日々の繰り返しでした。
それでも、一旦イルミネーションの幻想的な光の世界へ入ってしまうと、すっかり夢中になり寒さを忘れてしまいます。
いつからなんでしょうね?すっかり冬の風物詩となったイルミネーションです。


Location:
京都市、長崎市
Date:
2005/12/19、2010/12/23
Photo:
Canon EOS 10D、Canon EOS 40D

春の予感


 久しぶりに訪れた丘。
陽の光に春の日を感じながら歩く遊歩道はとても心地いいものです。桜のつぼみもこの晴天に、また少し膨らんでいるに違いありません。
丘の頂上にある展望塔まで歩き、鉄製のらせん階段を登ると、誰もいない塔に靴音が響きます。
半分程の高さまで登り、ちょっと足がすくむのを我慢しながら遠くを見渡すと、小さな島が浮かぶ懐かしい海が見えました。


Location:
長崎県 長与町 中尾城公園
Date:
2005/02/22、2009/02/02 他
Photo:
Nikon COOLPIX 990、Canon EOS 10D、RICOH R8