旅のひとこま 7 > 235

Episode 235

 長崎県に住んでいながら、未だに訪れた事がない場所が沢山あります。離島が多いから仕方がないともいえますけどね。
でも陸続きの場所なのに通過した事すらない市町も結構残っています。
そんな中、再び長崎へ戻って10年が経過してようやく出かけた雲仙の仁田峠。これまでに小地獄温泉館に連れて行ってもらったり、国道を通過した事は何度かありました。
この日訪れたのはミヤマキリシマの莟がまだ開く前だったので、一方通行の有料道路はスムーズでした。それでも駐車場の空きスペースはそれほど多く残っていませんでした。花が見頃のタイミング、紅葉の時季は出かけない方が良いようです。
仁田峠は、標高1,000mの地点で広い駐車場があり遊歩道もあるので、マロンを連れて散歩を兼ねて出かけました。夏は、地上よりも約10℃は気温が低いので避暑に良いでしょうね。
これで一ヶ所だけ県内未到の地が減りました。
2019年04月13日撮影