嵐もなんのその

昨日の台風並の嵐の影響も全く感じさせない八重桜です。
意外なたくましさを知りました。
本日は脇役のマロンです。

Photo:Canon EOS M Canon EF-M22mm F2 STM

マルチーズがいっぱい!!

それにしても、EOS M(初代モデル)の AF のレベルの低さには毎回イライラさせられます。
AF が遅いという事は予め判った上での購入でしたが、遅さよりも合ってくれない事の方が辛いです。
この八重桜には、迷わずスッとピントが合っていましたが、この前に撮影チャレンジした藤には全くピントが合ってくれませんでした。
ずーっと AF が迷いっ放しでどうにもなりません。マニュアルで撮ろうと思ってもモニターでのピント合わせは老眼には無理です。
22mm F2 STM 単焦点レンズはとても気に入ってるだけに残念です。
XZ-1 よりも AF 合いません。
ただ、XZ-1 では背景がきれいにぼけてくれないんで、ついつい EOS M を持ち出してしまいます。

Photo:Canon EOS M Canon EF-M22mm F2 STM

雲仙・島原ドライブ

快晴となった祝日、ようやく見頃という情報を得て、島原にある「しまばら芝桜公園」のコスモス園へ出かけてきました。
天気も快晴で花もほとんど満開だと思います。
この場所のコスモスは今回で3度目になりますが、2度目に訪れた昨年の好印象が強くて、今日はちょっと感動が薄れてしまいました。
到着が午後2時半頃でしたが、景観の良い雲仙普賢岳を背景にすると、やっぱりきつい逆光で写真撮影はかなり厳しい条件です。
次回出かける時には夕焼けの頃を狙っても良いかなと考えています。
夕焼け空だと、露出を空と花それぞれで撮影して合成もできそうです。

コスモス園の後にもう1ヶ所訪れたのは、雲仙市にある「百花台公園」です。
昨年、何故だかこの公園の前を Google map のナビに案内されて気に留めていた公園です。
広大な芝生の広場もあり、とてもスケールの大きな公園です。
芝生に入るなり早速走っていたマロンでした。
今日は、いつもよりも少し早起きして、往復約140キロ(3時間)のドライブと、コスモス園や公園の散歩と、疲れたのか帰ってゴハン食べた後はおやすみモードが続いているマロンです。

Photo:OLYMPUS XZ-1

長崎 その他の街情報

マルチーズがいっぱい!!

急な冷え込み

9月の中旬頃にイオンタウンの起工式が行われた「ビューテラス北陽台」です。
それからひと月半程経過していますが、まだ本格的に工事が行われている様子は見られません。
プレハブの仮建造物らしきものや数台の重機が作業中みたいなので、準備は進められているようです。
来年4月にはオープン予定です。

Photo:OLYMPUS XZ-1

長崎 その他の街情報

昨日は雨で散歩は中止。一昨日まではTシャツだけで寒くもなんともなかった夕方の散歩でしたが、ひと雨後の今日は一変し、シャツを一枚重ねてもまだ若干寒さを感じてしまう冷え込みです。
マロンも、冬用のベストハーネスのデビュー散歩となりました。

急に秋が深まったという印象です。
今夜は毛布を出しておかないと朝方は冷え込むようです。

Photo:OLYMPUS XZ-1

マルチーズがいっぱい!!

散歩から戻る途中に見上げた空に発見した細ーい月。
「あ、これ既朔(きさく)じゃないかな?」と急いで70-300mmのレンズをカメラに取り付けて撮影しました。
撮影後に調べると、眉月(まゆづき)らしい??昨日は新月なんですが、既朔(きさく)がない月もあるんですね?
絶対に既朔(きさく)だと思ったんですけどね。
既朔(きさく)は、まだピンぼけの写真を一度撮影したのみです。

Photo:Canon EOS 40D Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM

綺麗な夕焼けでした

日曜日は、結構いい感じに綺麗な夕焼け空となりました。
日が沈んで暫くは大した事ないんですが、日没から約15分後に鮮やかに燃えてくれました。
マロンの画像ですが、手作業で露出の異なる2枚を合成してみました。

Photo:Canon EOS M Canon EF-M22mm F2 STM

マルチーズがいっぱい!!

久しぶりのカメラアプリ購入

「OneCam」というiPhone用のカメラアプリ(¥240)を購入してみました。
なんといってもノーマルカメラとは違ってAE、AFが別々に設定できるという点が優れています。
画像は、Apertureで多少明暗部の補正はしていますが、期待できる画像が得られました。
このシーンをオリジナルのiPhoneカメラで撮影した場合、マロンにピントを合わせると夕焼け空は白っぽく飛んでしまいます。空にピントを合わせると手前のマロン周囲はかなり暗く写ります。

ところが、この「OneCam」の場合は、左の画像のように、AF(ブルー)、AE(レッド)とピント位置と露出位置を自由に設定して撮影ができます。
マロンの画像は、空にAEロックしてマロンにピントを合わせて撮影しています。
一眼レフやミラーレスには当然な機能ですが、お気に入りの旧機種コンデジ「OLYMPUS XZ-1」も独立ボタンによるAEロックもAFロックも不可で、半押しした時にピント位置で露出も決まります。今のうちにAEロックができるらしい「XZ-2」の中古良品を手に入れておこうかなとも考えてます。
逆光シーン撮影が多いので、それくらい個人的にはありがたい機能です。
最後にもうひとつ、「OneCam」はシャッター音を無音にできます。iPhoneの音声ボリュームやマナーモードに連動しているようです。通常のままでもかなり静音なので気にならないレベルです。マナーモードにすると無音です。

Photo:iPhone 6s

マルチーズがいっぱい!!