Special Version
旅のひとこま 3 > 102

Episode 102

 2月も終わりを迎える頃、仕事の隙間を縫って、数日間実家で過ごすことができました。交通手段は、20数年振りの「ブルートレイン」。事故により発車が4時間ほど遅れるトラブルに見舞われましたが、気楽な旅には影響ありません。いろんな事を考えられるのはこの列車だからこそです。「みづほ」「さくら」とこの路線から姿を消してしまった寝台特急ですが、唯一長崎へ向かう列車として残っている「あかつき」です。

今回はこの列車での旅を特別編として編集してみました。


 2006年 2月22日。
雨の降る京都駅7番ホームに定刻より3時間以上遅れて入線してきた寝台特急「なは/あかつき」。20才代の頃に利用して以来の乗車となります。ブルートレインには何故だか雨がよく似合っているような気がします。


 今回乗車したのは、最後尾に連結されたレガートシート車。
車窓に過ぎ去る風景を眺めながらの列車旅を選びました。
通常のダークブルーの単一カラーとは異なるアイボリーとのツートーン、ピンクのリボンでラッピングされたデザインの車両です。
客室内は「夜汽車」気分満点の空間。日付が変わった0時、「ガタン」という音と揺れを伴っての発車しました。平日という事で、少ない乗客数は予想されましたが、大幅な遅れのせいか、この車両の乗客は10名にも満たない状況でした。


 10両の客車を連結した列車は山陽本線を西へと向かいます。岡山駅付近までは何となく覚えていましたが、その後は眠ってしまったようです。
目が覚めると新山口に近い場所を走行していました。朝もやがかかっていますが青空が広がってます。


 たびたび訪れていたサロン室から見える9号車の最後尾には、「あかつき」のトレインマーク。


 佐賀県に入り、停車した「鳥栖駅」は、鹿児島本線と長崎本線の分岐点。この駅で熊本へ向かう「なは」が切り離され先に出発しました。ここからは「あかつき」単独で終着駅「長崎」を目指します。


 出発以来何も口にしていませんでしたが、「鳥栖駅」でようやく食べ物にありつけました。既に正午に近い時間です。「焼売弁当」とても美味しかった!以前ブルートレインに乗っていた頃は、食堂車が連結されてましたが、今はもうありません。何だか良い時代が去って行ってしまい寂しくなりますね。


 東海道本線事故の影響で出発が大幅に遅れ、キャンセルにより発車時から乗客は少なかったのですが、広島以降くらいからだったでしょうか?主要駅に到着するタイミングで、新幹線への乗り換えを進めるアナウンスが頻繁に放送されていました。

 懐かしいB寝台。
ここへは喫煙のために何度か足を運びました。10号車からこの5号車までの移動は、揺れる中結構大変です。


 折角の機会なので、車内の案内です。
6号車はA個室となっています。ちょっと高級な感じが漂っていますね。


 この日は何度となく停車する駅で、後発の特急列車に先を譲りました。
特急なのに「あかつき」だけが犠牲となっているようですが、これは仕方のない事ですね。


 長崎県が近くなって来ました。
車窓左側に広がるのは有明海です。空も海も青い!この辺りは、海岸線に沿ってカーブが連続する路線です。単線区間なので、何度も信号停車しました。
6両編成で走る「あかつき」です。


 約5時間遅れで終着長崎駅に到着した「あかつき」。
京都ー長崎間836.9キロを走破。
すぐに精算窓口へ直行して特急料金の払い戻しをしてもらいましたが、この事は列車内では一切放送していませんでした。払い戻しができる事を知らない人が多いようで改札を通り過ぎてました。

 帰路は同じ「あかつき」のB寝台個室「ソロ」にしようと思っていましたが、仕事の都合で結局いつもの新幹線となりました。「ブルートレイン」に比べると何とも味気なく、単なる移動手段といった感じは否めません。
「サンライズ」、「カシオペア」等の新しい寝台列車が注目されていますが、ノスタルジックな魅力を継承した「ブルートレイン」の存続、進化を期待したいところです。
とはいえ、需要がなければ当然消滅し、淘汰されるのも仕方のない事かも知れません。

2006年2月22日〜23日撮影