旅のひとこま 7 > 247

Episode 247

 2020年1月、地球規模でコロナ禍に覆い尽くされる事には、当然まだ気がついていない穏やかな年明けの海岸です。
場所は佐世保市針尾島の浦頭地区です。沖に向かって長く伸びる橋は370mあり、大型クルーズ船が停泊する桟橋です。
国と佐世保市、カーニバル・コーポレーションの3者によるプロジェクト「浦頭地区国際クルーズ船拠点」の工事現場です。
同年4月に完成運営開始予定でしたが、コロナ禍で延期。遅れていた工事も、ターミナルビルを含めて夏には全て完成しているようですが、当然クルーズ船の入港は未定のままです。
2021年にはコロナ禍も終息し、県内3箇所目となる大型クルーズ船入港地へ、マロンとドライブ込みで見学に行けると期待していますが、このところの感染者拡大にやや不安になっています。
一刻も早く平常な日々に戻れると良いですね。2021年元旦の投稿です。

2020年01月04日撮影